展示会|photo

『スリーブレス(袖なし)の袖ぐり 気になりませんか?-78』

『スリーブレス(袖なし)の袖ぐり気になりませんか?-78』

コロナ禍移動時自粛が全面解除になりましたが
まだまだ心配ですね
皆さんも感染の予防に十分努めてくださいね

前回も書きましたが自粛生活でTVを見る機会が多く
先日芸能人の着ていたドレスの袖ぐりがあまりにも深く
脇がだらしなく見えていてとても気になりました
街で見かけるブラウスやワンピースの袖ぐりも
やけに深いものを多く見かけます
何故なのでしょう

*★**――――*★* *★*――――*★**★*――――*★* *★*――――**★*

これまでに袖ぐりの「書き方」「決め方」「袖底部分」を立体上で色々な角度から
書きましたので今回はスリーブレス(袖なし)を考えてみます

袖付けがある通常の袖ぐりは(上図下端の実線)縫い合わせるために
縫い代(破線)が必要になります
そのために着用時は袖付け線より縫い代幅分量(1.5~1.0㎝)浅くなります
ですがスリーブレスの時にも通常の袖付け線位置で仕上げているのではないか?
と感じてしまいます

腕付け根の形状(腕の付け根赤破線)に合わせてスムーズな袖底の線を
決めることが綺麗なスリーブレスを作り上げるポイントです
少なくても縫い代分は浅く作ることを心掛けると良いと思います (*^-^*)

END