展示会|photo

『作業のアドバイス-42』 パターンメーキングで大切な立体上の面構成!

★今回は前回のパターン展開の際に入れた展開線について説明します

体はどの部分をとっても直線・平面ではないのですが 面構成を考えることで
バランスの良い形を作り上げることが出来るはずです

・体の構造を考えると前身頃はバストが一番高いので バストラインから上の
部分と下の部分に分けることが出来ます 

・次に上図写真を見てもらうと理解できると思いますが バストラインから上の
Aの部分は比較的平面で構成されています 
*肩の厚み分も面でとらえる必要があります

・バストラインから下 中心からバストポイント間も比較的平面で構成されて
います

・袖ぐりからバストポイントまでの展開線(赤線)を入れましたが前脇の部分は
その位置から下の部分を比較的平らな面でとらえることが出来ます

★このように立体を面でとらえ その面の変わり目に展開線を入れ操作をする
ことで立体上のバランスを壊さずにおさまりの良いパターンを作り上げる
ことが出来ます

注* アドバイスの項No.35ミドルヒップラインもスカートやパンツの展開には
   欠かせない面構成のラインです   (^_-)-☆

END