展示会|photo

『作業のアドバイス-25』立体的な袖 その考え方と製図法=2

『作業のアドバイス-24』の続きです

前回の写真のようにして袖山の高さを計測したら 次に袖幅を図ります
(前回のトップページ 又は左の「アドバイス」の項 『作業のアドバイス-24』を
参照してください)

★ 袖幅の測り方は 上の写真のように 袖の角度(その服の持つ運動量に合わせた角度の袖)に合わせて 定規を使い 作りたい袖の角度から幅を想定して図ります   もちろん中に腕の方向 腕が入る太さを想像して計測してください

 上記を参照して次回は立体的な袖山の書き方を進めます

END