展示会|photo

★『道具の使い方・選び方-7』     定規

どんな定規使っていますか?

今回はパターン作成に欠くことのできない 『定規』 です
皆さんはドレーピングやパターンメーキングの際にどのような定規を使っていますか
定規も用途に合わせ・・・直線を書く「方眼定規」カーブ線を書く「カーブ定規」など
様々なものが有りますよね

単純に長い直線定規は60センチぐらいまでなら 通常のプラスティックの方眼定規を
皆さんも使っていると思いますが それよりも長い1メートルぐらいのものは狂いの少ない金属製の定規が良いですね (カッターを使って切る場合に添えるうえでも)

立体上で直線を書く場合に使いやすい定規として僕が日常使用しているものは柔らかく柔軟にしなるものを使います
上の写真のように衿ぐりや 袖ぐりにシルシを付ける際に大変便利です
長さは30センチ程度のもの パターン作成時にカーブ線を書く場合にもそのぐらいの長さのものが振り回しやすく便利です 
僕はカーブ線を書く場合にもほとんど30センチ程度の透けて見える定規を使い 
書きたいカーブに合わせ少しずつずらしながら書いていきます
カーブ定規を使わないわけではないのですが 自分なりの微妙なカーブ線を書くには
この定規のほうが使いやすいです 皆さんも是非試してください 少し練習が必要です

立体的なパターン展開をする場合にはカッターを使い 定規を添えて切る場合も多くありますがその場合は できれば端に金属のエッジが付いたものを使うと 定規を痛めることがないので良いのではないかと思います 最近は色々な定規があります!
是非自分自身で使いやすいものを探して 良いパターンを作ってくださいね (^◇^)

END