展示会|photo

『作業のアドバイス-3』    シルシ付け

『作業のアドバイス-3』

大切なシルシ付け 皆さんはどのようにしていますか?

ドレーピングをしたものにシルシ付けをする
本当はとても大切な作業なのですが皆さんはどのようにしていますか?
せっかく時間をかけて作り上げた形をパターンにする時点で
正確で丁寧な作業をしないとドレーピングで作り上げたものと
まったく違ったものになってしまいます
パターンにする前にあせらず丁寧なシルシ付けを心がけることで
最終的にドレーピングで表現したそのままを手早く形にすることができます

上部の写真のように細く削った鉛筆を使い細かい点を付けます 
ハギ位置では図のように鉛筆の側面と先を直角にあて 布の折山とその先にシルシを付けます その点同士が合印の役割にもなります 
もちろん合印は必要な個所に縫い目に対して直角に入れます
ボールペンやシャープペンシル ましてやマジックなどは論外です
手早く正確なパターンを作りましょう (*^_^*)

END