展示会|photo

自分を磨いてますか?

今までは仕事場に近いところにある恵比寿の床屋さんに行っていたのですが自宅に近いほうが休みの日に行くのには便利だと思い 近所で探して比較的店が綺麗なところを見つけたのですが…… 
これが一筋縄ではいかない (>_<) 
最初は慣れていないから僕の希望通りのカットをしてもらえないが 何度か通ううちには大丈夫だろう とすでに通い始めてから1年近くになってしまいました
僕の担当はおじいさんの代からやっている その床屋さんの三代目 毎回希望を伝えているのですが… 一向に僕の気に入るカットにはならない (>_<) 

以前の恵比寿の店では担当が辞めて引き継いだとしても 1~2回で満足のいくようになったのです…そこで思ったのです
どんな分野でも技術の世界は 切磋琢磨 周りと刺激しあい競争しあうことで磨かれるのだと そしてなによりも大切なのは『感性』 恵比寿のお店では閉店後に自分達で勉強会を開いたり 新しいカットなどを学ぶ努力をしていたようですが 今度の理容室では家族でやっているために刺激が全くない 
それでも専門学校を卒業してしばらくはインターンに行っていたらしいのですが 帰るところ(自宅の店)があるという甘えで自身を磨くことをおろそかにしてきたのではないかと思ってしまうくらいです 
人間的にはとても良い人なのですがね~

学校でも学生を見ていると「そんな甘えた状態で 社会に出てやって行けない」と ついつい老婆心ながら厳しいことを言って 『先生辛口ですね!』などと言われてしまうのですが… 
本人達に言わせると 『とても頑張っている!』らしいのです (?_?)
しかしながら社会で もまれて仕事をしてきた僕から言わせると 全然そのようには思えないのです 少しでも社会で認められる人材になってほしいので『厳しい先生』でいなければと思う今日この頃です

友達がライバルだと思って 周りをみて あいつに負けないように! とか もっと良いものを作ってみようとか 常に人の倍以上に繰り返し試す 反復練習をする努力が 将来の自分を作り上げていく と常々思っているのですが…
見ているといかに手を抜いて少ない作業で単位だけが取れれば! とその点の努力をしている学生がいるのも事実で情けなくなってしまいます 就職口が自宅に有れば良いのですがね~ (^_-)

でも そんな学生のなかに有っても 自分を磨く努力を怠らない学生も沢山います(*^_^*)
その学生達にはこの厳しい就職難の時代の中でも是非 良い就職口が見つかり 明るい未来を勝ち取ってほしいと 日々応援をしています 皆さんも是非応援してください(*^_^*)

END