展示会|photo

質問してくださいね!

新年度の入学式が終わり 桜の花も美しい新緑になり
又 あたらしい学生との出会いの時期になりました・・・
毎年のことですがとても緊張します 本当ですよ!

皆希望に燃えて たまにそうでもない人も・・・?新しい目標に向かって勉強をし始める
とても大切な時期です その最初の出会いで嫌にならないように
将来の目的が見えてきて もっと学びたいと思えるような指導ができれば良いな・・・と何時も思うのです

僕の高校時代は男子校で家庭科なども無くて 全然洋裁のことは知らずに ただ『将来サラリーマンにはなりたくない 手に職を付けたい ファッションに興味があるから・・・』と 言うぐらいの気持ちで入学して 最初から先生を煩わせた 困った生徒でした。 
でもその時の先生がとても面倒見が良く 1年生の前期ではほとんど作業を手伝ってもらい乗り切ったような気がします でも後期には友達のスーツを作り上げることが出来て
2年目も楽しく友達や先生を巻き込んで へらへらと3年目に上がって・・・ 
3年目で運が良くコンテストで賞をもらって 『そこが良くなかった!』
そこで天狗になり いい気になって次々にデザイン画を描くんだけど あとが全然駄目! 世の中そんなに甘くは無いよね!
でも早いうちに挫折を味わって良かったなと今は思っています それからは、やはりきちんと数多くの経験を積まなければ と 4年目の学生時代に夜間部の助手をさせてもらい
その頃は立体裁断と呼べるものが無かったので 仮縫いの修正を沢山させてもらいました
その甲斐もあって色々な賞をもらう事ができ 就職も出来ました!

何でこんな独り言を書いたかというと 先日読んだ五木寛之さんの本に書いてあった言葉に『喜ぶことは大事だが、悲しむこともまた大事である。希望を持つことも大事だけれども、絶望することも大事である。胸をはることも大事だけれども、また深いため息をつくことも大事である。』というのが有りました 本当にそうだな・・・と思い そういえばと昔のことを思い出したわけです。

皆さんは先生にどんどん質問をして 中身の意味 『何故?』を常に考えてください
そして出来るだけ多くを『見ること』 店頭の服から 身の回りの服まで その気になれば周りに勉強材料はいくらでも有ります 見ることから学ぶことが出来ます。

質問されることで先生も勉強が出来るのです!  質問してください お願いします!

END