展示会|photo

将来を決めるのは自分自身!

今年も又 1年生全員に2週続けて2回に分け 講義をする機会が有りました
一回に150~160人の学生に向けて講義をするわけです
僕も数日前からパソコンに向き合い 出来るだけ見て解るようにと 資料を作り 
文章を考えて臨んだわけですが・・・
最初から後ろの席に行ってしまいまったく聞く気は無いよ! と意思表示をする学生 
講義が始まっても隣の子と話が弾んでいる学生  始まると同時に睡眠に入る学生
遅れてきても悪びれず教壇の前を横切り 友達を探しながら席に着く学生等など (>_<)
内容を理解しようと 前のほうに来る学生はほんの少し!
ただただ にこやかに楽しく 友達と話をして それでこの時間が過ぎれば良い! 
と思っている? もしかすると そこまでも考えていないのかもしれません・・・
これまで様々な環境で育ってきて たまたま将来の目標をファッション関係の仕事が出来れば良いかな~との思いで 入学してきたのだと思うのですが・・・

でも とても素直??? と思う面があります 常識では考えられないことですが・・・
講義中に後を向いて話しに夢中になっていたり 化粧をしたり 食事をしようとしたり 写真や雑誌などを出して見ていたり・・・・ あまりにひどい学生に対しては マイクで厳しく指摘をすると とたんにそれまでと全然違い全員がとても静かで良い態度の学生に戻ってしまうのです! 笑ってはいられない・・・とても寂しい 悲し~い気持ちになりますがね~ (~_~)  こんなことで 将来 希望通りの道に進むことができると思っているのか?と 問いただしたくなります・・・この講義の何日か後で聞こえてきたのは
『立体の先生は怖いらしい!!』の声だったのです (?_?)
ファッション業界の華やかな部分にだけに憧れて その陰での日々地道な努力には目を向けずに世の中を楽しく渡っていければ 良いのですが・・・ そんなに甘い業界ではありません 洋服の基本どころか まだまだ各部の名称も知らない状態です

救いは そんな学生ばかりでもなく 終わると 講義の中で 理解できなかったことを じかに聞きにくる学生も数名いるので 期待は持てますが・・・
これから その地道な努力を重ねた人だけが 将来の夢を叶えられる厳しい世界なのです
今からでも遅くはないので 日々の授業で小さなことを積み重ねる努力に期待しています 4年間の学生生活など あっという間です!
蟻とキリギリスのように 今をただ楽しく過ごすのか? それとも 今努力をして 将来自分の目標の仕事に就いて楽しく過ごすか?・・・
僕に 何処までのお手伝いが出来るのでしょうか? 是非 一緒に勉強をしましょう ね!(*^_^*)
僕は『怖い』のではありません プロの目から見て 少~し 厳しいだけなのです!

END