展示会|photo

人の生死ではなくて良かった

毎年3月の誕生日に合わせて健康診断をしているのですが 今年はいつもより徹底してやろうということで 1日人間ドックに挑戦してみました
前日は早めに食事をして 朝は何も飲まず 食べずに出かけて 着いたらすぐに身長 体重 血圧 血液を7本も採られ 腹部のエコー 肺活量 胸部レントゲン 胃の内視鏡・・・胃カメラです これが苦しい 技術ですから上手な先生と下手な先生がいるわけで 僕を担当した医師が・・・後日近所の人が同じ病院で受けたときには 上手な先生にあたり飲み込む一瞬苦しかっただけで 後はモニターで一緒に確認できた と言うのですが・・・とにかく痛い苦しいが何とか終わり 次は眼科検診・・・やっと休憩 お昼の食事は病院らしからぬ豪華な内容で沢山のフルーツとデザートまであり ホッとひと時・・・
それから再度採血 採尿で待つことしばし その時点で判断できる結果を先生から説明されたのですが・・・
何と(>_<)(>_<)便に+反応が出ています 後日詳しい結果が出たら大腸の内視鏡検査を受けてくださいと 通告!! ガックリ ショックでした!!

後日詳細な結果が送られてきたのですが やはり内科の再診を と書き込みがあり 覚悟を決めて その病院で受診をと思っていたところ 近くに癌研にいらした内視鏡専門医で 地方からも受診に多くくるというほどの名医がいるといわれ そこで受診をすることに・・・さっそく予約をして やはり前日は早めに食事をすませ 朝は何も飲まず 食べずに出かけて 着いたら腸の中を洗浄するために 薬を溶かした1.5リットルの水を30分以内に飲んでください と言われ・・・これが飲めない ビールならもっと飲んでいると思うのですがね~ その後はトイレに5~6回  そしていざ内視鏡・・・台の上に寝て点滴の針をチクリ! それ以降はぜんぜん気がつかないうちに終わり 1時間ほど休んで先生から説明 丁寧でわかりやすく安心できる口調で ポリープがあったので切除しました 病理検査に出しますが たぶん問題は無いと思いますと説明され ホッ(*^_^*)
その病院では 麻酔を使い検査をするので胃カメラも同様に 気がつかないうちに終わってしまうらしいのです 賛否両論はあるとの事でしたが 臆病な僕には負担が少なくて良かったな~と 思っています

どんな仕事でも技術には上手下手があり 僕は『人』を扱う技術ではなく 人が着る『洋服』の技術で良かったな~ 多少着にくくても 袖がねじれていても 人の生死にかかわることはないから! とあらためて 思いました
でもこれからも新しいファッションに対し必要な技術を磨く努力はしていきます
皆さんも一緒に頑張りましょう!!(*^_^*)

END