展示会|photo

学生時代は ほんの一瞬

今年も卒業式の日が近づいてきました 学生たちは4年間色々な思い出を作り 様々な思いを抱いて社会へ出て行こうとしています 4年間の自分自身を振り返り 自分はとても頑張った 充実した学生生活だった! この学校で学んで本当に良かった! と思える人はどの位いるのでしょうか? 
僕は勉強が大嫌いでしたが 杉野の4年間で自分の天職を見つけることが出来た!と思っています 好きだからこそ2~3日は徹夜で(本当は遅すぎた?)作業に取り組んだ事が何度もありました 今でもその時の『やり遂げた達成感』があるから多少の無理は平気 出来るはず!という気持ちで望める気がします

ファッション業界に憧れて入学し 一生懸命勉強に取り組みながらも 何か自分の思っていたこととは違うと感じ この業界には向いていないので 卒業は出来たけれど 他の職種につきたい・・・とか  業界の中の職種を見直して 
デザインをするよりも マーチャンダイザーのほうに興味が出てきた!・・・ 
パターンを作るほうが好きになった! 服よりも素材のほうに進みたい!・・・
お店を持ちたいと思っていたが ブランドを立ち上げたくなった!・・・等など
頑張った甲斐があって希望通りに 就職できた幸せな学生もいれば
希望の会社 職種で試験を受けたけれど駄目で あまり知られていない小さな会社に 職種は希望のデザイナーで決まり でも将来キャリアを積んで再度希望の会社に就職できるように頑張ります!・・・という前向きな学生もいたり
学校の成績は悪くは無いのに 最後まで希望通りの職種で就職できず とりあえず販売で!・・とか 就職は決まって 研修に行き始めたとたんに不安になり まだまだ学校で勉強したいと強く思う学生もいたり
でも皆それぞれが 夢を持ち頑張り努力した その結果 卒業まで来たのです 4年間 あっと言う間に過ぎたと感じる人もいれば 長かったな~と感じる人もいるでしょう でも社会に出てからの人生のほうが もっと ず~っと長いのです 振り返ってみると学生時代なんて ほんの一瞬です これからは社会人として勉強をし続けなければ 取り残されてしまいます
でも走り始めて 自分にこの仕事は向かない と思ったら方向転換する勇気を持つことも大事です 途中で投げ出すことが良いことだとは思いませんが 合わない仕事を無理してやっていても なかなか成果は上がらないものです 自分に合った天職に上手く出会える人ばかりでは無いと思います ストレスを溜めて生きていくのは 辛いですよね
でもフリーでいることだけは避けて欲しい 仕事に就くことで 自己を磨き高めることが出来るからです 傷つくことも沢山あるかもしれません でもその都度『強い向上心で望み』 乗り越えることが本来の自分を見つける力になるはずです!!
頑張ってくださいね!  応援しています(*^_^*)

END