展示会|photo

about cfk1991

cfk1991 home page は、小山千曉(こやま ちあき)が運営する official home page です。
立体裁断から見たファッションの情報、立体裁断の参考書販売、ファッションに関するギャラリー、イベント、セミナーの情報、日記(小山のひとりごと)、趣味のギャラリーなどを掲載しています。
お気軽にご覧ください。

information

コロナ禍 移動自粛がGoToキャンペーンにより
一部を除き解除になりましたが 帰省などで
さらに感染が増え益々心配になりますね (@_@)
皆さんも感染の予防に十分努めてくださいね

*★**――――*★* *★*――――*★**★*――――*★* *★*――――**★*

デザイナーはもちろんですがパターンメーカーも服作りにおいて
シルエットバランスを見る目を養わなければ
良い服を作ることはできません
 
通常は作りたい服を立体的に想像し 
作業手順を立てそのシルエット全体を構成する
布目・切り替え線(縫い目)やダーツなどを考えてから
実際の作業に取り掛かりますね

実際の素材や天竺などで立体上(人台上)で
ドレーピングやパターンメーキング方法で作りますが 
その過程で全体を見る目 感性がなければ
良い服の出来上がりは望めません

その感性を磨くには 
常に新しいファッションの流れ・傾向をつかむ努力をし 
立体上で形を見て作る訓練をすることが必要です 
もちろん縫製や素材の知識も大切です
立体上で糸のつり加減など微妙な形を見極める目を養い 
その微妙な調整を立体上と平面のパターン上で表現できる
能力をつけることが きれいなバランスの取れた服作りへと
つながるからです

上の写真は基本的なストレートシルエットのスカートですが
ダーツの方向を変えてみました
・おなかが膨らんで見えたり
・腰が張って見えたり 方向によって違いが出ます 
こんな単純なことから着用した女性が綺麗に見えるか否かの違いが出ます
ダーツ1本の決め方次第で立体上で自然な美しさを作り出す
(見極める)様々な雰囲気にすることが出来ます 
是非立体上で見る目を養ってくださいね (*^-^*)

*★**――――*★* *★*――――*★**★*――――*★* *★*――――**★*

僕のHPを長い間沢山の皆さんに見ていただきましたが
来月9月の末日を持ちまして 終了したいと思っています
大変感謝しています ありがとうございます (*^-^*)

END