展示会|photo

about cfk1991

cfk1991 home page は、小山千曉(こやま ちあき)が運営する official home page です。
立体裁断から見たファッションの情報、立体裁断の参考書販売、ファッションに関するギャラリー、イベント、セミナーの情報、日記(小山のひとりごと)、趣味のギャラリーなどを掲載しています。
お気軽にご覧ください。

information

ファッション業界で仕事をしている方々であれば当たり前のことですが
今勉強中の学生さんたちからすると 袖を身頃に縫い付けることだけでも
とても大変で 通常の袖付の場合縫い代がどちらに折り返されているか
あまり考えていない と言うのが現状のようです

上の図で 袖高(上)身頃高(下)を比較すると
ふつう袖付は上図の袖高の袖付方法で縫い代は袖側に折り返されます
下の身頃高の場合は身頃側に縫い代が折り返されるため 通常の袖付に比べ
肩の部分に縫い代分の厚みが必要になります
 
パターンはその分を衿ぐり側を起点に袖ぐりで切り開く必要があります
素材の厚みによりその分量は決まります

*袖ぐりを切り開き その部分に必要な縫い代を付けて その袖ぐり線で
 綺麗に折り返すことが出来るか パターンの袖ぐり線の確認も忘れずに

★+。。。+★+。。。+★+。。。+★+。。。+★+。。。+★

 左の下端の『気になった記事』
更新しました是非みてください

★+。。。+★+。。。+★+。。。+★+。。。+★+。。。+★

END